Top > レベル上げ方法の紹介

レベル上げ方法の紹介
HTML ConvertTime 0.041 sec.

昔は野良でPTを組んでみんなでレベルを上げに行くという習慣ありましたが、近年はより効率の良い方法が増えてきたためそのような習慣は影を潜めました。
レベルを上げることを目的として黙々とプレイをするのはある意味RPGの醍醐味とも言えます。
しかしDQ10はオンラインゲームでありレベルアップのためにかなりの時間が必要になります。
たくさんの時間を一つのゲームに費やすことは健康の観点からもよくないので、自分のペースでゆっくり進めていきましょう。

メインストーリーを進める Edit

内容 Edit

最近のアップデートでメインストーリーを進めた際にも経験値が入るようになりました。
バージョン2以降のストーリーを進めると30万近くの経験値を入手できるので、初心者のレベル上げにかなり役立つと思います。

メリット Edit

・物語を進めながらレベルを上げられる

デメリット Edit

・一度きりしかもらえない
・経験値をもらうためにパワープレイに頼りがちになってしまう。

お勧め度 Edit

★★★☆☆
自分が楽しいと思うようにプレイしましょう。

各種討伐 Edit

内容 Edit

日替わり討伐と週替わり討伐でもらえる経験値でレベルを上げる。

メリット Edit

・比較的容易である
・討伐自体は高いレベルの職業でこなして、低いレベルの職業に経験値をつぎ込むことができる
・お金も入る

デメリット Edit

・毎日続けると作業になりがちである
・レベルが高くなってくると、微々たる経験値なのでレベルが上がりにくい

効率 Edit

お金も入るので悪くないように思います。

お勧め度 Edit

★★★★☆
特に序盤で低レベルの職業を底上げして、パッシブスキルをそろえるのに向いていると思います。

フィールド狩り Edit

内容 Edit

経験値効率が良いモンスターをひたすら狩り続ける、古来より伝わりし手法です。

メリット Edit

・比較的簡単である
・バージョン3の敵だとかなり効率が良い
・結晶化もかねてできる

デメリット Edit

・単純な作業で飽きる
・効率よく刈るにはサポート仲間の厳選も必要
・バージョン3まで進むまで疲れる

効率 Edit

それなりの経験値がもらえます

お勧め度 Edit

★★★☆☆
元手がなくても簡単にできるので飽きない限りはいいと思います。

試練の門 Edit

内容 Edit

強戦士の書から試練の門に挑戦することで、経験値を稼ぎます。
経験値の他、ゴールドとドロップもそこそこ入るので、お金も多少増えます。

メリット Edit

・かなり効率が良い
・ゴールドも稼げる
・大体一周するのに元気玉1回分ですむ

デメリット Edit

・人から権利を買わない限りは週に一度しかできない
・自分が火力を出すにはそれなりに要件が高い
・サポートも同様に連れていくにはそれなりに火力を出す必要がある
・効率を上げるためにスーパースターや盗賊を入れると、構成が限られてくる
・一部のボスは初心者には強い

効率 Edit

かなり良いです。

お勧め度 Edit

★★★★☆
行けるようになったら最初の方の弱いボスだけでも倒しておくと、結構レベルが上がります。

メタル迷宮招待券 Edit

内容 Edit

所々でもらえるメタル迷宮招待券を使ってレベルを上げに行きます。

メリット Edit

・一人で気軽に行ける
・それなりにおいしい

デメリット Edit

・メタル系持ち寄りに効率で勝ることはできない
・元気チャージを使う場合にはかなりの時間を要する

効率 Edit

ぼちぼちです

お勧め度 Edit

★★★☆☆
超元気玉と交換して試練の門を回すほうが効率がいいともいわれています。

メタキンコイン持ち寄り Edit

内容 Edit

SPふくびき券の2等で選択できる、あるいは錬金釜から作成することができる「メタキンコイン」をほかのプレイヤーと持ち寄ってレベルを上げます。

メリット Edit

・一番効率が良い
・場合によっては他人にすべて準備してもらえるので、ゴールドでこれを買うこともできる

デメリット Edit

・SPふくびき券から当たらない限り、錬金釜でメタキンコインを作成するのにはお金も時間もかかる
・他のプレイヤーとPTを組むので、準備を入念にする必要がある
・場合によっては詐欺などのトラブルに巻き込まれることがある
・極端に効率が良いのでこれ以外のレベル上げが辛くなる
・ゴールドですべて解決してしまって面白くないといわれる

効率 Edit

1番効率が良いでしょう。

お勧め度 Edit

★★★☆☆
あまりにも効率が良すぎるので、筆者もあえて使っていません(ラストエリクサー状態)。
どうしてもレベルを上げたいときは使っていいと思います。


テスト的に表示しています。