Top > 宝珠と石板(達人システム)

宝珠と石板(達人システム)
HTML ConvertTime 0.029 sec.

達人のオーブとは Edit

概要 Edit

文字で書くととても分かりにくいし、うまく説明する自信がありません。要点だけかいつまんで説明してみます。
・(炎、水、風、光、闇)の5種の「石板」があり、各石板とも4枚ずつ(合計20枚)オーブにはめ込むことができます。
・はめ込んだ石板には穴が開いており、同じく(炎、水、風、光、闇)の5種の「宝珠」をその穴にはめることができます。
・宝珠には様々なスキルがついており、「達人ポイント」を割り振ることで宝珠レベルが上がって、より良い効果が得られます。最大レベルは5です。
・「達人ポイント」は、現在のところ各属性共に270ポイントが最大で、達人のオーブのレベルを上げることでポイントが増えます。
・達人のオーブの各属性レベルはプレイヤーと同様に経験値によって勝手に上がります。プレイヤーの経験値を吸うなどのデメリットはありません。
・一つの属性だけのレベルを上げることは不可能で、すべての属性が順番に1レベルずつ上がっていきます。
・このシステムを利用するにはバージョン3を導入しなくてはなりません。


・石板に空いている穴の数は1枚につき4~6穴となっています。
・すでにはまっている石板を新しい石板で上書きすることができますが、先にはめていた石板は消滅します。


簡潔にまとめると、
・石板をはめる
・宝珠をはめる
・宝珠にポイントを割り振る
ということが重要です。

宝珠ポイント Edit

預けられる宝珠の総数と石板の枚数には制限があります。
これらの制限を解除するために宝珠ポイントをためなくてはなりません。
宝珠ポイントは、要らなくなった宝珠を達人に引き取ってもらうことで1Pたまります。
現在は1500ポイントまで貯めると宝珠を350種類、石板を7枚預けることができるようになります。

宝珠 Edit

宝珠の仕組みと集め方 Edit

・宝珠を手に入れるには宝珠をドロップするモンスターを倒さなくてはなりません。
・各モンスターごとにドロップする宝珠は決まっています。
・宝珠を持っているモンスターを倒すことで、未鑑定の宝珠を手に入れることができます。
・未鑑定の宝珠のままでは石板にはめられないので、これを鑑定する必要があります。
・鑑定をすることで宝珠の形が判明します。宝珠の形は8種類あります。
・2穴と3穴だと2穴の方がはめやすいですが、3穴のものはレベルアップに必要な達人ポイントが少ないです。
・達人ポイントの振り直しは自由に達人のオーブ画面から自由に行えます。
・特定のモンスターを狙って宝珠狩りに行くときは「宝珠の香水」をもっていくと、宝珠ドロップ確率があがります。
・「試練の門」と魔法の迷宮のボスは全種類の宝珠からランダムでドロップすることがあります。

その他宝珠についての注意点 Edit

・宝珠の入れ替えは自由にできず、宝珠を外すと「ヘロヘロ状態」になってしまいます。
・「ヘロヘロ状態」では宝珠を外すことができず、達人のオーブのレベルも上がらなくなります。
・「ヘロヘロ状態」の解消のためにはヘロヘロ状態のまま一定の経験値を稼がなければなりません。

お勧めの宝珠(炎) Edit

・鋼鉄の肉体(みのまもり)
・不屈の闘志(HP)
・武神の豪腕(ちから)

お勧めの宝珠(水) Edit

・逆境のみかわしアップ
・始まりのキラキラポーン
・始まりの聖女の守り

お勧めの宝珠(風) Edit

・打たれ名人(ダメージ軽減)
・勝ちどきMP回復
・奇跡の会心攻撃
・気まぐれな追撃
・鉄壁の会心完全ガード
・果てなき聖女の守り

お勧めの宝珠(光) Edit

・各種必殺発動率の宝珠
・真・やいばくだきの技巧(戦士)
・真・やいばくだきの極意(戦士)
・ボケの技巧
・おたけびの技巧

お勧めの宝珠(闇) Edit

使う武器によって変わってきます。
お勧めは両手剣の宝珠です。

2穴か3穴か?宝珠の選び方 Edit

石板の穴の数が増えてきたので、無理に2穴でそろえずに3穴のものを入れるという選択肢が出てきました。
個人的には宝珠をはめなおす作業が面倒なので、光と闇については2穴でなるべく多い種類の宝珠をはめています。
反対に炎、水、風の宝珠はなるべく汎用性が高いものを選んで、3穴のものを入れています。
そのような感じで、ここでは汎用性の高いどの職業でも意味のある宝珠を選択することをお勧めします。

石板システム Edit

石板の仕組みと集め方 Edit

・石板はメダル王からメダル20枚で交換するか、魔法の迷宮のセキバーンがドロップするのが通常です。
・取得の際には未鑑定の石板として手持ちに入るので、宝珠と同様に鑑定作業が必要です。
・穴は4~6空いています。セキバーンがドロップするものは穴がたくさん空いている可能性が高いです。
・宝珠の形は2穴以上で連なっているので、宝珠をはめることを考えると必然的に穴がつながっている石板をあつめることになります。
・中央に穴が集中するようにはめていくと宝珠を多くはめやすいでしょう。
・石板を達人に渡して整理すると石板ポイントがたまります。
・石板ポイントを使って最大で6個を上限に穴を開けることができます。

優先したい石板の種類 Edit

補助効果で優れる「風」を最優先したいです。
そのほかステータス増強を考えると「炎」、特技の威力アップを考えると「闇」か「光」あたりが必要になってきます。

石板拡張について Edit

石板に穴をあけることができるのは前述のとおりです。
穴を6個開けることを最優先に考える必要はありません。
どうせ長く迷宮などに通うことになるので、その間に何度もセキバーンから石板をドロップすることになることでしょう。
そのためメダル王からの交換で石板を集める際にはとりあえず4穴で連続している石板を適当にはめておくことをお勧めします。

理想の形について Edit

理想の形は何か言われることが何度か議論になったことがあります。
かつては石板の穴の数が5穴に増やされたときに話題になりました。
しかし、理想の形にしたところで、アップデートによって穴の数を増やすことがあります。
現に今空けられる穴の数は6個であり、理想の形を目指す場合は何度も穴あけ作業をやり直さなくてはならないのです。
このようなやり直し現象を指して、賽の河原オンラインと揶揄されることもありました。
そういった経緯と、この作業が労力に見合っているとは思えないため、理想の形にこだわることはお勧めしません。

飾り石とは Edit

石板ポイントをためると飾り石と交換できます。
飾り石をはめると宝珠のスキルをさらに底上げしてくれます。
しかし伸び幅もあまり大きくないですし、石板ポイントは簡単にたまるものではないので、最初のうちに考える必要はありません。